Event is FINISHED

合格するぞ宅建士!業法完全マスター講座

「宅地建物取引業法」を制する者が宅建士試験を制する!
Description

 平成27年4月1日より、「宅地建物取引主任者」が「宅地建物取引士」に名称変更されました。

 宅地建物取引士は、事務所毎に一定数を設置することが義務付けられている資格者であるとともに、不動産ビジネスのプロフェッショナルを目指す人にとってはいわば登竜門的な資格です。


宅建試験の傾向


宅地建物取引士資格試験は、4肢択一50問という形式で行われます。

具体的な試験科目、出題数については以下のとおりとなっています。

  • 権利関係 14問
  • 法令上の制限 8問
  • 税金 2問
  • 価格の評定 1問
  • その他 5問
  • 宅地建物取引業法 20問

上記で分かるとおり、宅地建物取引業法が50問中20問、全体の40%を占めています。

つづいて、近年の合格基準点の推移を見てみましょう。

  • 平成22年2010年) 36 / 50
  • 平成23年2011年) 36 / 50
  • 平成24年2012年) 33 / 50
  • 平成25年(2013年) 33 / 50
  • 平成26年(2014年) 32 / 50

年によって異なりますが、おおむね70%以上の得点が必要だということが分かります。


業法をマスターすることが合格への近道!


合格するためにはおおむね70%以上の得点が必要となるわけですが、全ての科目をまんべんなく学習することが得策とは言えません。

出題数が少ない科目(たとえば税金やその他)に多くの時間を割くというのは、合理的ではないことは明白です。

また、民法や借地借家法等の「権利関係」に関しては近年難化しており、なかなか高得点を狙いにくいところです。

そんな中、短期間で合格を目指すのであれば、ずばり「宅地建物取引業法で満点(または満点に近い得点)を取ること」が鍵になります。

合格点を35点と仮定した場合、もし宅地建物取引業法で満点(20点)を取ることができれば、他の分野の正答率は50%以上(30問中15問以上正解)で良いことになります。


この講座の特長


「合格するぞ宅建士!業法完全マスター講座」は、宅建試験の肝となる宅地建物取引業法に特化した講座です。

  • 頻出項目を中心に問題演習と解説講義を行い、合格に必要な知識の定着を図ります。
  • 早い時期に宅地建物取引業法を仕上げることで、自信を持って本試験に臨むことができます。
  • 講義経験豊富な講師が分かりやすく解説します。


一般社団法人不動産ビジネス専門家協会とは


当協会は、不動産ビジネスに関連する士業等の専門家である会員相互間の連携のもと、不動産プレーヤー及び不動産会社で働く人々のニーズに適合したきめ細かい支援を実現することを通じて、我が国の不動産ビジネスの活性化及び健全な発展に寄与することを目的として、平成26年10月2日に設立された団体です。

  • 不動産ビジネス交流会の開催(年2回)
  • 事業者向け、消費者向け、投資家向けセミナーの開催
  • 勉強会の開催(毎月1回)
  • ニュースレターの発行(隔月)

今後もこれらの活動を継続してまいりますが、さらに実践的な、あるいはビジネスに直結するような活動についても展開していきたいと考えております。

このため、当協会の活動趣旨にご賛同頂ける方を対象として、登録専門家(=会員)を引き続き募集いたしております。

  • 不動産ビジネスに携っている方(売買、賃貸、開発、仲介、管理)
  • 士業をはじめとする各種プロフェッショナルの方

詳しくは当協会のホームページをご覧ください。

Event Timeline
Sep 8 - Sep 9, 2015
[ Tue ] - [ Wed ]
6:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京都中小企業振興公社秋葉原庁舎
Tickets
一般 ¥10,000

On sale until Sep 7, 2015, 5:00:00 PM

Venue Address
東京都千代田区神田佐久間町1-9 Japan
Directions
JR「秋葉原駅」中央改札口徒歩1分 / 東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」徒歩3分 / つくばエクスプレス(TX)「秋葉原駅」A1出口徒歩1分 / 都営新宿線「岩本町駅」A3出口徒歩5分
Organizer
一般社団法人不動産ビジネス専門家協会
52 Followers